« Clash of clansのクラッシュオブクランによるクラクラのためのブログ(はい、個人ブログです) | トップページ | タウンホール9の着工時期オススメ 主観 »

2015年4月22日 (水)

【バーバリアンの使い方】

どうもゆまみちです。今日はバーバリアンの使い方について説明しようと思います。

バーバリアンとは画像の黄色の髪のおじさんです。

Unnamed_2

概要 バーバリアンは兵社レベル1から作れる基本ユニットです。

特徴   低コストなため普段のマルチプレイで資源を稼ぐのに役に立ちます。(^-^)

ステータス

バーバリアン

                                                                               
Lv ダメージ/秒 HP コスト 研究コスト
1 8 45 25  
2 11 54 40 50000
3 14 65 60 150000
4 18 78 80 500000
5 23 95 100 1500000
6 26 110 150 4500000
7 30 125 200 6000000

使い方は主に4つあると考えています。(使い方は気づいたら追加していきます)

 

〈使い方〉

1  壁の穴あけ

 

2  敵ユニットのおとり

 

3  アーチャーなどの壁役(ババアチャと呼ばれる戦法でよく使われる)

 

4 防衛援軍として

1つ目から順に説明していきます。

1  壁の穴あけ

ウォールブレーカーを使用して敵の村の壁に穴を開けるときに使います。

ウォールブレーカーを出す所から壁までの距離があり、ウォールブレーカーが壁にたどり着く前に昇天してしまう時に有効です。(もう骸骨なんで既に昇天してますが)

防衛施設は防衛施設の攻撃範囲内に入った一番近いユニットに攻撃します!

なので、防衛施設がバーバリアンに攻撃をしている間にウォールブレーカーを敵の壁に近づけ破壊することができます。

なぜバーバリアンかというと、

1収容スペースが1のため無駄が少ない

2アーチャーなどより体力があるのでターゲットをとる時間が少し長い

3遠距離攻撃ではなく近距離攻撃なので防衛施設の範囲内に入りやすい

ということです。

2  敵ユニットのおとり

バーバリアンはおとりとしてターゲットを取るために用いることが多いです。

収容スペースが1なので一番無駄なくターゲットを取ることができます。

しかしHPがそんなに高くなくタゲ取り(ターゲットを取る)の時間は短いです。

タゲ取りを長くしたい場合、ホグライダー、ジャイアント、本当に長くしたい場合はゴーレムを使いましょう。

敵ユニットのおとりという意味では、特に援軍の処理に用いられることが多いです。

敵のユニットは味方のユニットに反応して近づいてきます。

例 敵の援軍アーチャー25体

このような場合、援軍処理でアーチャーで囲んで倒すこともできますが、

同等数の数が必要であり、援軍処理にユニットを割いてしまいます。

しかしこの時、範囲攻撃を持つウィザードで援軍処理をすれば、ユニット枠を大幅に減らすことができクラン対戦等において非常に有利になります。

ただし!!注意です!

初心者の方でする方も多いのですがユニットを端っこに誘導したあとに、

ウィザードをすぐに出す人、これだと敵ユニットにすぐに狙われてしまいます。

よくあるのが、

ウィザードを出す→アーチャー25体にすぐ狙われる→ウィザード即死→また一体だす→即死→自暴自棄になりウィザード出しまくる

これです。

なので敵ユニットを防衛施設の当たらない端っこに誘導したあとはまずはバーバリアンを数体だしてあげましょう。

重要なのが、ユニットは一番近いユニットに攻撃するということです。

なのでアーチャー25体がバーバリアン数体に攻撃している間に、後ろから離してウィザードを出す。上手い人はほんとに外に釣りだしたあと、バーバリアン1体ウィザード1体の計5枠で援軍処理を終わらせます。

これは重要でどのサイトにも書かれていることなので練習あるのみだと思います。

3 アーチャーなどの壁役(ババアチャと呼ばれる戦法でよく使われる)

資源刈りでよく使う手法です。

バーバリアンが前で後ろからアーチャーが攻撃しています。

これは資源刈りの時によくあることなのですが、アーチャーだけですとHPが低いため防衛施設の攻撃を食らってすぐ死んでしまいます。

そのためにいるのがバーバリアンです!おっさんがかわいい女の子?を守ります。

したがって、防衛施設が体力のあるバーバリアンに攻撃している間に、アーチャーやバーバリアンで施設を破壊していきます。

4 防衛援軍として

防衛援軍として使う場合、僕自身はドラゴンラッシュなど空軍の対策に用いています。

地上しか攻撃できないのに、空軍対策って馬鹿なのかって、思われるかもしれないですが

ドラゴンラッシュなどの空軍が来た場合、後々ババキンやアチャクイなどのヒーローが地上から投入される場合があります。その結果、アーチャーやウィザードなどとは別のタイミングで出てきたりすることがあります。

何が起きるかというと、その結果ドラゴンがバーバリアンに反応してドラゴンが思った方向に行かないということが時々起こります。(必ずではありません)

またスピードもまちまちなのでほかのユニットと混ぜておくことでウィザードでまとめて処理しにくくなるというメリットがあります。

ということで今回はバーバリアンの4つの使い方を説明させていただきました。

説明がわかりづらいという方がいたら遠慮なくおっしゃってください。

それではお疲れ様です。

╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋

Youtube  https://m.youtube.com/channel/UC275veW3bVluRRlqE1LxWvw

Twitter  @yumamichi7

blog (当ブログ)  http://yumamichi.cocolog-nifty.com/blog/

╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋

« Clash of clansのクラッシュオブクランによるクラクラのためのブログ(はい、個人ブログです) | トップページ | タウンホール9の着工時期オススメ 主観 »

ユニット・呪文の使い方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2132165/59727632

この記事へのトラックバック一覧です: 【バーバリアンの使い方】:

« Clash of clansのクラッシュオブクランによるクラクラのためのブログ(はい、個人ブログです) | トップページ | タウンホール9の着工時期オススメ 主観 »

広告


2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

スポンサード リンク